理由はないけど離婚したい!今離婚すべきかどうかチェックしたい4つのポイント

お悩み解決

「なんとなく夫婦関係がしっくり来ないなぁ。」

「旦那と話が合わないし、一緒に居てもつまんないよのね。」

「最近、旦那が私にイヤミばかり言うのよね。」

 

かなえ
かなえ

なんとなく旦那様と離婚したいなぁ、なんて思うことはありますか?

もしあなたの旦那様が

▶浮気をしていた
▶あなたにDVをした

というのであれば、離婚をすることは難しくありません。

でもそうではなくて、「本当にただ何となく」というのであれば、難しいのではないでしょうか。

また、離婚したい「明確な理由」があったとしても、それで本当に離婚できるか分かりません。

 

そこで今回は、

▶理由はないけど離婚したい!これって可能?

離婚すべきか見極めるチェックポイント(4つ)

についてお話したいと思います。

 

理由はないけど離婚したい!これって可能?

結論から先に言うと、「理由はないけど離婚できるか?」の答えは「かなり難しい」です。

ただ、『全く可能性がないわけではない』と言った方が正確かもしれません。

 

理由がないのに離婚できるのは「協議離婚」と「調停離婚」のみ

かなえ
かなえ

ポイントは、旦那様が離婚に「OK」するかどうかです。

 

円満に離婚できるのは、夫婦で話し合うだけで済む「協議離婚」です。

つまり、旦那様に「離婚したい」と言って、それを旦那様が承諾すれば離婚できます。

ご存知のように、離婚は「協議離婚」→「調停離婚」→「裁判離婚」と、こじれ具合によって進んでいきます。

「調停離婚」は家庭裁判所が選任した調停委員(2名)が夫婦の間に立って、離婚条件の調整を進めていくものです。

かなえ
かなえ

旦那様に離婚の意志があれば、「協議離婚」か「調停離婚」のどちらかで離婚することができます。

 

裁判離婚で勝訴できる見込みは?

もし旦那様が「離婚したくない」と拒否すれば、「裁判」に進むことになります。

▽裁判で「離婚」が認められるケースの例

▶不貞行為があった場合

▶3年以上生死が不明

▶重度の精神疾患(回復の見込み無し)

▶悪意の遺棄がある場合 -※1

▶その他、婚姻が継続し難い重大な事由

※1:「悪意の遺棄」とは、明確な理由がないのに「同居しない」「生活費を渡さない」といったようなことです。

「その他婚姻が継続し難い重大な事由」とは、

・DVやモラハラ
・アルコール中毒、薬物中毒
・別居が長く続いている
・理由もなくセックスレスが続く

…などです。

 

もし旦那様が、これらに該当するものがあれば離婚は可能ですが、そうでなければ、「ただなんとなく」では「離婚裁判」で勝訴する可能性はほぼないです。

 

性格の不一致では?

かなえ
かなえ

でも、旦那はズボラなくせに、私のやることにはイチイチうるさくて耐えられない!これって「性格の不一致」という理由にならないの?

確かに、世の中では、「性格の不一致」で離婚する人が多いです。

でもこれは、今お話した「協議離婚」(あるいは「調停離婚」)で離婚できるケースです。(=つまり旦那様がOKした場合

 

性格が合わない=性格の不一致 だけだと、法律的に言うところの「婚姻を継続し難い重大な事由」に当たらないのです。

 

 

離婚すべきか見極めるチェックポイント(4つ)

それでもなお、離婚したい!というあなた。

ここはいったん冷静になって、「本当に今、離婚すべきなのか」どうか考えてみましょう。

 

1 旦那の不満点が離婚理由になるかチェックする

先程挙げた「裁判離婚で離婚が認められるケース」をもう一度チェックしてみましょう。

 

かなえ
かなえ

例えば、旦那様のモラハラが始まったりしていないでしょうか?

旦那様の小言がエスカレートして、あなたを精神的に追い詰めている場合に、「モラハラ」に該当している可能性があります。

 

また、あなたに対して急に冷たくなった場合には「浮気」をしている可能性もゼロではありません。

もし何かそういうものを感じたら、探偵に相談することも一つの選択肢です。

 

 

2. 自立して生活できるか

もしあなたがどうしても、旦那様に耐えられないのであれば、家を出て自立して生活をするという選択肢もあります。

必ず離婚できる保証はありませんが、「別居生活が5年以上」になると、離婚の理由の一つにプラスされる場合もあります。

また、別居生活が長ければ、旦那様もあなたの決意が固いと知り、離婚に応じてくれるかもしれません。

ただし、「5年以上」かかるかもしれないという覚悟が必要です。

勿論、あなたが働いて家賃を払って自活するという決意が固くなければ、これは無理なことです。

かなえ
かなえ

本当にそこまでして離婚したいですか?

 

3. 解決金を払う余裕があるか

旦那様が離婚を拒む場合、「解決金」を支払って離婚をする方法もあります。

「解決金」とは、離婚を望む側が離婚を拒む相手から、離婚の同意を得るための、法的に本来支払う必要がない金銭のことをいいます。

これは「協議離婚」で使われるものです。

もしあなたに金銭的余裕がある場合には、この方法があります。

 

かなえ
かなえ

ただ、この「解決金」には相場というものがありません。結局、旦那様と話し合うしかありません。

もし解決金を支払えない場合には、「財産分与」の割合をあなたの分を少なく、旦那様の方を多くして、旦那様の同意を得る方法もあります。

 

かなえ
かなえ

いずれにしても、旦那様と根気よく話し合う必要がありますね。あなたはそれができるでしょうか。

 

4. 旦那との相性が最悪なのか鑑定してもらう

上に挙げた「1」〜「3」をチェックしてみて

▶旦那様の不満点が離婚の理由にならない
▶自立して生活できない
▶「解決金」を支払う余裕がない

という場合には、どうしたらいいのでしょうか?

かなえ
かなえ

「本当に旦那様との関係が悪いのか」ということを、もう一度見直してみましょう。

 

特に、「1」で該当するものがないのに「離婚したい」と思う場合には、あなたと旦那様との「相性」に問題がある可能性があります。

「相性がいいか、悪いか」については、電話占いの『クォーレ』で相談できます。

かなえ
かなえ

「相性」が悪い場合、どういうことに気をつければいいかも、アドバイスしてもらえます。

『クォーレ』には、悪いことでもズバっと、正直に話してくれる占い師が在籍しています。

もし、本当に旦那様との相性が最悪だった場合には、あなたも踏ん切りが付き、自立への道を考えることができるのではないでしょうか。

 

『クォーレ』のレビューページを見てみる

 

まとめ

理由はないけど離婚したい!これって可能?

離婚すべきか見極めるチェックポイント(4つ)

今回はこの2つについてお話をしました。

ハッキリとした理由がなくて、ただ何となく離婚したいと思っても、旦那様が承諾しない限りはできません。

「裁判」をしても勝てる(離婚できる)見込みは薄いです。

 

かなえ
かなえ

「今のままだと無理だな」って思いましたか?

 

離婚へのハードルが高いけど、もやもやして気持ちがおさまらない…と、堂々巡りになっているあなたには、まず『クォーレ』のレビューページを見てみることをおすすめしたいと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました