運気がアップする財布の色|買う日にはタイミングがある!

金運

思うように事が進まなかったり、体調不良がなかなか改善しなかったり、運気が停滞しているなと感じる瞬間は誰にでもあるでしょう。

現に、最近の運気がちょっと…と思っているあなた。

かなえ
かなえ

その運気停滞の原因は、普段お持ちの財布にあるかもしれません。

財布は、いつも私たちの身近にあります。

だからこそ、私たちは、財布から良い運気も悪い運気ももらいやすいのです。

実は財布は、年に1度、最低でも3年に1度は新調したほうが良いといわれています。

では、どのような色合いの財布を選べば、運気アップが見込めるのでしょうか。

この記事では、運気をアップさせるために選びたい財布の色、財布を変える良いタイミングの2点についてお話していきます。

ぜひ参考にして頂き、運気アップを目指していきましょう。

 

運気がアップするには財布の色が鍵

長年愛用している財布とのお別れは寂しいですが、ここは思い切って財布を新調してみましょう。

そうすることで、新しい風があなたに降り注ぎ、運気アップが期待できます。

財布を新調するに当たって欠かせないポイントは、財布の色です。

実は、選ぶ財布の色によって、運気の上昇が見込める事柄が異なってきます。

ここからは、財布の色ごとにどのような運気アップが期待できるのか、代表的な5色を例にお話ししていきます。

 

金運アップを目指したいなら黄土色

黄土色は、黄色と茶色が合わさった、どこか落ち着いた雰囲気を持つ色です。

金運アップを狙っているのであれば、真っ黄色ではなく、大人の女性でも持つことのできる黄土色の財布を選ぶようにしましょう。

というのも、真っ黄色の財布には、「お金を引き寄せる力」と「お金を出す力」(※両者に鍵括弧有)が均等に働くというデメリットがあります。

お金が入ってくるには入ってくるのですが、いつまで経ってもお金が貯まらないという負のループに陥る可能性が高いというわけです。

しかし、黄色に茶色が混ぜ合わさって黄土色になることで、そこに安定が生まれます。

したがって、お金が入ってきても、それがそのまま停滞してくれるというリズムを作ってくれるのです。

結果として、しっかり貯金もできるというわけです。

このように、黄色系で財布をお探しの場合は、真っ黄色ではなく黄土色系のものを選ぶようにしましょう。

 

黄土色の財布の一例

 

お金持ちとの良運に恵まれたいのならピンク色

ピンク色は、お金を引き付ける力があります。

要は、ピンク色の財布を持っているだけで、お金持ちの方があなたに引き寄せられる可能性があるわけです。

これから結婚を望む女性は、ピンク色の財布に変えてみてはいかがでしょうか。

玉の輿婚も、夢ではないですよ。

 

ピンク色の財布の一例

 

今ある収入で貯金をしたいのなら黒色

黒色の財布には、家計を黒字にする力があるといわれています。

それは、黒色は閉鎖的といわれており、入ってきたお金を貯め込む力があるからです。

一方で、黒には、「喪」(鍵括弧有)を代表するようなネガティブイメージもあります。

黒色にあるネガティブイメージを解消してくれるのが、牛革財布やヘビ革財布といった良質な革製品です。

黒色の財布を検討している方は、奮発してでも良質な革でできた財布を購入するようにしましょう。

そうすることで、収入が大きく変わらずとも、貯金額が増える期待が持てますよ。

 

黒色の財布の一例

 

積極的に稼いで貯金をしたいのならワインレッド色

黒財布とは対称に、家計を赤字にしてしまうといわれている赤色財布。

それは、赤色に、自分の運気を燃やしてしまうマイナス要素があるからです。

しかし、赤色に茶色が混ざったワインレッド色であれば、赤色財布のデメリットをメリットに変えることができます。

ワインレッド色の財布を持つことで、自分の運気を燃やしはするのですが、それが一定の位置で止まってくれるようになります。

したがって、仕事で積極的に動けたことで結果として給料が上がるなど、自分の中の積極性やモチベーションを上げることが可能になるというわけです。

ワインレッド色の財布は、向上心を持って、もっともっとと考えている方にとって最適だといえるでしょう。

 

ワインレッドの財布の一例

 

安定してお金を貯めたいのなら茶色

茶色財布で得られる一番の効果は、「安定してお金を貯めることができる」です。

「金は土から生まれる」(鍵括弧有)といいますが、土色の茶色財布を持つことで、まさに安定した貯蓄が可能になるのです。

茶色には、ダークブラウンやキャメル、ベージュなど、さまざまな色合いがあります。

あなたに合った色合いを選べるのも、嬉しいポイントではないでしょうか。

 

茶色の財布の一例

 

運気を上げるための財布を買うタイミング

ここまで、運気を上げるためには、財布の色が重要だということをお話ししてきました。

しかし、フラっと出かけたついでに財布を購入するのでは、運気上昇は見込めません。

実は、「この日に財布を新調すれば運気上昇間違いなし!」と言われている、財布を購入するのにふさわしいタイミングが年に何度かあるのです。

 

それは、以下の4つのタイミングです。

・元旦
・天赦日(てんしゃにち)
・寅の日(とらのひ)
・一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

 

元旦はもちろん年に1回ですが、その他は年に何回も訪れる、幸運をもたらす日だとされています。

天赦日などは、少し値の張るカレンダーには必ず記載されていますので、予めマーカーで印を付けておくと良いでしょう。

カレンダーにそこまでお金をかけたくはない!という方は、ネットで簡単に調べることもできますよ。

 

ちなみに、天赦日は、日本の暦の中で最高の吉日だといわれています。

しかし、年に5~6回ほどしか訪れない貴重な日ですし、毎年変動する規則性のないものです。

2020年の天赦日は、11月1日(日)と17日(火)の残り2回です。

 

寅の日は、別名「金運招来日」(鍵括弧有)ともいわれている、金運アップにはもってこいの吉日です。

12日スパンで訪れるので、月に2~3回は寅の日の恩恵を受けられるチャンスがあります。ただ、訪れる日付などに規則性はありません。

2020年では、10月14日(水)26日(月)・11月7日(土)19日(木)・12月1日(火)13日(日)25日(金)が残されている寅の日です。

 

一粒万倍日は大安と同レベルの吉日で、読んで字の如く、「一粒だったものが万倍にもなる日」という意味です。

したがって、一粒万倍日に財布を新調すれば、それだけでお金が万倍にも増える期待が持てます。

2020年では、10月9日(金)18日(日)21日(水)30日(金)・11月2日(月)14日(土)15日(日)26日(木)27日(金)・12月10日(木)11日(金)22日(火)23日(水)が残されている一粒万倍日です。

一粒万倍日はさらに、他の吉日と重なることで、その効果が倍増するともいわれています。

一粒万倍日と他の吉日が重なる日は、年間おおよそ14日程度あります。

 

どのタイミングで財布を新調するかはあなた次第ですが、より運気アップが見込める日程を狙ってみてくださいね。

しかし、これらの4つのタイミングと、災いを招く日とされている不成就日(ふじょうじゅび)が重なった場合は注意が必要です。

この場合、財布を購入するには相応しくない日となってしまいます。

ただ、天赦日などと不成就日が重なるタイミングは、そう多くはありません。

運気上昇のためにも、良いタイミングを見計らって、財布を新調してみることをおすすめします。

 

まとめ

運気の停滞が気になったら、ぜひ一番身近な財布を新調してみましょう。

あなたの希望を叶えてくれる色合いの財布を選ぶことで、運気が一気に上昇するかもしれません。

もし、それでもなお運気が悪いという場合は、電話占いクォーレに「金運アップ」の相談してみてはいかがでしょう

 

「クォーレ」のレビュー記事を読む

 

タイトルとURLをコピーしました